乗馬は堂々通販ランキング入賞、手頃な価格で買いやすい商品がいっぱいです

新世紀乗馬ゲリオン

 乗馬のレッスンで初めに習う「基本の」姿勢というのは、たいてい、上体を反らして拳を低く下げ、太ももや膝を鞍にピタッとつけて、踵を踏み下げる、という感じの姿勢でしょう。

 こうすると、騎座が鞍にしっかりハマって、下半身が安定した感じがしますから、馬の動きに合わせた随伴やバランスの維持が難しい初心者の方は、この姿勢を覚えることで、とりあえず、落馬のリスクを減らすことができる、とされています。

  しかしながら、この姿勢が唯一正しい、という訳でもないように思います。

  というのは、この姿勢には、騎手の身体が硬くなり、動き出しにくくなって「居ついて」しまう、という欠点があるからです。

  股関節を内捻し、膝や太ももの内側を鞍に押しつけながら、踵を踏み下げる、というのは、ちょっと考えてもなんとなく不自然な、しんどい姿勢であるような感じがします。

  実際、踵を踏み下げようとして、脚に鐙を自然な位置よりも前に踏み込むような力が入ると、その力が、腰が前に随伴するのを止めるブレーキとして働き、尻を突き出したような「へっぴり腰」の姿勢で固まるような乗り方になりやすくなります。

  鐙をしっかり踏んでいるという実感はあったとしても、鐙に重心を載せることができていませんから、太ももでしっかりホールドして鞍と一体化した腰が重石となって、馬は背中の動きを邪魔されて、動き出しにくくなります。

  その結果、 脚に対する軽い反応が得にくくなる上に、膝で鞍を挟むことで、脹ら脛や踵が馬体に触れにくくなりますから、余計に強く脚を使おうとして鐙が外れたり、馬の反抗を招くようなことになったりします。

  また、足を突っ張って膝で挟みつけ、鞍の後方に座るような「へっぴり腰」の姿勢は、3点支持で安定しているように見えるのとは裏腹に、膝が支点となるためにお尻が馬の反撞で突き上げられやすく、実は最も前のめりに落馬しやすい姿勢でもあります。

  これでは、当初の目的である「安定」ということからも逸れたものとなってしまいます。




・腰を割る

相撲の用語で、腰を割る、という言葉があります。
相手を押すときに、膝を真っ直ぐ前に向けて、お尻を突き出したような形で前傾するのではなくて、股関節を外旋して膝を外に向けて、腰を前に出すようにして重心を足の上に持ってきてから、下から押し上げるようにして押していくことを言います。

   騎手が馬の動きに柔軟に随伴出来て、馬も動き出しやすいようにするためには、膝で鞍をガッチリ挟むのではなく、むしろこの「腰割り」のように股関節を開いて、腰を引かずに鞍壺に坐骨が載るように座り、鐙を坐骨の下あたりに構えるくらいのメージで、足を重心下におき、鐙に載せた足先で体重を支えることができるような姿勢の方が良いようです。

 膝などで鞍を挟んでホールドするような力をできるだけ使わず、上体を馬の動きに随伴させることでバランスをとりながら、鐙の踏み板の上に「載って」いられるようになると、鐙がズレてしまうことも少なくなって、軽い力で脚が効くのが実感できると思います。






・不安定の使いこなし

 足先で鐙に乗り、踵を踏み下げず、腿・膝で挟まないということは、相撲の「蹲踞」のような、不安定な感じになります。




  いわば「つま先立ちの、ガニ股」で、こんな不安定な姿勢で乗れ、なんていうのは、聞いたことがないかもしれません。

 ですが、その不安定さこそが、騎手の動き出しをスムーズにして、馬の身体の動きにとっての抵抗を少なくしてくれるのです。

  鐙の板に重心を載せたバランスは、その不安定さゆえに、様々な方向に、踏ん張ることなく、即座に動くことができます。

  両足の踵とお尻で座る「体育座り」と、足先で支える「蹲踞(そんきょ)」姿勢からの、動き出しのしやすさの違いを考えれば、わかりやすいでしょう。




  また乗馬のレッスンではよく、「深い騎座」を養うために、『鐙上げ』の練習を行ったりしますが、

「鐙に頼らずに乗っていられる」ということと、馬場の選手などが長い鐙に重心を載せて上手に「座って」いるような状態とは、似ているようでも、全く違うものです。


  鞍にべったりと癒着した、武術で言うところの「居着いた」姿勢で、馬の動きを邪魔しながら、一方で馬に動くことを求めて推進する、というのは、自動車で言えば「サイドブレーキをかけたままアクセルを踏んでいる」ようなものです。



 鞍にしがみつかず、鐙に乗り、軽い扶助で馬を動かす感覚を一度覚えると、がっちり安定した姿勢で強い扶助を行うことに、ある種の「気持ち悪さ」を感じるようになるかもしれません。

  それは「身の規矩(かね)」といって、昔から職人などが仕事の基準として大切にしていた感覚、カンというようなものに近いものではないかと思います。

  鐙に乗れている、という感覚は、騎手にとってのひとつの「規矩」となるものだといえるでしょう。

 
・心の問題?

  不安定を恐れ、安定しようとするとき、どこか動かない所を作って、そこに寄り掛かって動こうするわけですが、自然の動きの中に、常に動かない基盤、支点というものはありません。

   それを作ろうとすれば、自然な動きはできなくなってしまいます。
  
 支点を固定化し、そこに癒着しようとすることは、意識に寄り掛かり、観念にとらわれることだ、ともいえるでしょう。


  「心」という言葉は、「凝る(こごる)」という言葉からからきているという説もあります。

 古代の日本では、体内の「気」が凝って内臓(「こころ」)となり、それが、今でいう脳のような、意識を司る役割をしている、というように考えられていました。

 「心」は、流れが滞って、物質化した(凝った)意識そのもの、というわけ
です。

  意識は、立ち止まって淀んだところに生まれるます。
 流れ続けているところには、意識は生まれません。

  心というのは、確かにそういうものだとも思います。
  


  生物にとって何よりも安定するのは、「死」で、 生きていれば、不安定なのが当然です。

そう考えると、不安定な人生も、まあ仕方ないのかもしれません。



 「心をば 心の怨(あだ)とこころえて こころのなきをこころとせよ」(一遍)


「不安定の使いこなし」で、心を軽くして、馬も人生も、軽く乗りこなしたいものですね。



)
Amazon


)
Amazon


)
Amazon








乗馬いろいろ試したい!

こんにちは!
メルボルン旅行個人ガイドYukiです!

オーストラリアの郊外では、動物の交通標識を見かけることがよくあります!注意18禁キラキラ

なので郊外へ行くといつも標識を見逃さないようにしっかり窓の外を観察しちゃいます!目雷

先日、シティーから車で約1時間のモーニントン半島へ旅行した際にもいくつか交通標識を見かけたので、今日はそちらをご紹介します!爆笑ルンルン


こちらはコアラ!
オーストラリアと言えば!ですね!コアラ



こちらもコアラですが、さっきのと絵のタッチが違いますね!かわいい!照れラブラブ


カンガルーです!
ほんとにこんな道に出てきちゃうんですかねー!野生カンガルー見てみたいですね!お願いルンルン


番外編!
モーニントン半島にある巨大迷路の敷地内にいたコアラのオブジェ?がブサかわすぎてお気に入り!🐨ラブラブ



この他にも馬や乗馬の標識がありました!
その周辺で乗馬ができるようでしたよ!馬雷

日本では見かけない動物の交通標識なので、なかなかレア感ありますね!

わたしもたまにしか郊外へ行くことがないので、見つけたらテンション上がっちゃいます!チュー上矢印

メルボルン最大の観光地 グレートオーシャンロードに行く途中にも野生のコアラが見れる場所があるみたいなので、こういった標識にお目にかかれると思います!

ひとつひとつ楽しみながらメルボルン観光を満喫されてくださいね!照れ虹



コアラ
お客様からの声「VOICE」やお得な特典情報満載のHPです。

コアラ
日々リアルなメルボルンの街をご紹介しています。

ラブレター









[広告] 楽天市場
  • 【乗馬用品】【馬具】【乗馬用ブーツ】【ロングブーツ】|ジョッパーズ 2016SS 合皮ロングブーツ ブラック
  • ウール ボーラーハット メンズハット 山高帽 チャップリン 帽子 HAT イギリス 乗馬帽 帽子 ラッピング無料
  • 【新商品・送料無料】プレミアム牛革ホワイトブーツ ハンドメイド ウエスタン ブーツ、ヒール5.cm、メンズ ハイヒール、5.0cmヒール ブーツメンズ、ウエスタン ブーツメンズ、ウエスタンブーツ、ヒールブーツ メンズ、乗馬ブーツ メンズ
  • ラバーベルト ゴルフ 乗馬 旅行 金属アレルギー 予防 シリコンベルト ベルト ループ フランスブランド SKIMP BELT Originale Loop
  • アイフォン iPhone iPhone7 手帳型 iPhoneケース iPhone7 Plus iPhone6 iPhone6s Plus iPhone5 手帳型 ケース カバー おもしろ 馬 ウマ アニマル サラブレッド ダービー 競走馬 競馬 乗馬用品 記念品 牧場 引退 ギャロップ おもしろ スマホケース カバー グッズ おもしろ ..
  • 乗馬バックプロテクターWPA2(ブラック×ピンク) ヨーロッパ安全基準 準拠 SWING プロテクターベスト 乗馬用ボディプロテクター 背中ガード 乗馬用品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする