無能な女子中学生が乗馬をダメにする

乗馬とか都市伝説をまだ信じてる奴っているの?

  馬に乗ろうというときに、「落馬」のことはあまり考えたくないものだと思います。

  実際、「落ちたらどうしよう」などと考えてしまうと、
必要以上に緊張して馬の動きを妨げたり、余計なプレッシャーを与えたりして、余計に馬の反抗やイレギュラーな動きを招いて、かえって落馬しやすくなったりすることもありますから、「.自分だけは大丈夫」と自らに言い聞かせて、なるべく考えないようにしている、という方も多いかもしれません。

  しかし、そもそも動物の背中に跨って遊ぼうという時点でかなりのリスクを背負っているわけですから、落馬すること自体は、むしろ当然起こりえることとして考えておくべきでしょう。

  
  ところが、乗馬に関する書籍やビデオなどの中に、落馬について詳しく述べられているものはほとんどありません。


  ということで、ここでは落馬のメカニズムと、落ちにくい乗り方について述べてみたいと思います。



  ・馬の必殺技

  落馬のパターンとしてよく見られるのが、騎手の身体が前のめりになると同時に、左右どちらかにバランスを崩し、落馬にいたるという落ち方です。

  馬が物見をしたりして急停止、急旋回したような場合によく起こるものですが、中には、わざとこれをやって人を落とすのが上手い、「達人」のような馬もいて、何か気に入らないことがあると、この必殺技を繰り出してきたりします。

  そういう馬が、人を落とそうとするときの手法としては、尻ばねしたかと思うと直後に頭を思い切り下げ、それと同時にクルっと急旋回して横を向き、騎手を振り落とす、というようなやり方が一般的です。

  お尻が跳ね上げられた所に、手綱をグン!と下に引っぱられて、上体が前のめりになる瞬間、クルっと回られると、騎手の身体はいとも簡単に横に放り出されてしまいます。

  上手な馬になると、それこそ、柔術の達人の背負い投げのように、「気がついたら地面にいた」というくらい、鮮やかなものです。

  
・なぜ、落ちてしまうのか?

   それにしてもなぜ、こんなにいとも簡単に落とされてしまうのでしょうか?

  それは馬たちの使うこの必殺技が、力学的に非常に理に適ったものであると同時に、私たち人間が頭で考えても、そこに働く力の方向を理解するのがなかなか難しいからだと考えられます。


・3次元の揺れ

  馬に乗ると、馬体が揺れるのを感じると思います。

  私たちは、この揺れを感じたいがために、馬に乗っているといっても良いでしょう。

 この揺れは、上下振動と、左右、前後方向への回転運動、水平面上の回転運動の組み合わせ、というようにに考えることができます。


{D8AF3F70-ED2E-4316-94AC-78161A433861:01}

①前後方向への縦の回転運動は、
ピッチング・モーション、
style="-webkit-text-size-adjust: auto;">
②左右方向への横揺れ運動を、
ローリング・モーション、

③水平面上で回転するような運動は、
ヨーイング・モーション、

と呼ばれます。

  馬の揺れは、これらのモーションが複合的に組み合わさって出来ているわけですが、このことと前述のような落馬が起こるしくみには、深い関係があります。

  複数の軸回転が組み合わせられることによって、騎手の予想もつかないような方向に力が働くからです。


・ジャイロ・モーメントとコリオリ力

   直進している自転車のハンドルをいきなり左に切ると、その瞬間、自転車は右に倒れようとします。

  前向きに回転している車輪に、ハンドルを左に切る「ヨーイング」を加えると、そのいずれの回転軸とも垂直に交わるもう一つの回転軸を中心とした、右方向への「ローリングモーション」が発生するわけです。

  このときの、初めの回転、あとから加わった回転、そしてその結果起こった回転の関係を、人の右手で表すと、次のような感じになります。

{6BCF8093-8BC6-459C-A2A8-030C4E34DF3E:01}


図の③のように、①と②の掛け合わせによって結果的に起こる回転運動は「ジャイロモーメント」、そのようにして発生した力は、「コリオリ力」というように呼ばれます。

  


  前述の落馬の場合で言うと、馬に頭を下げられて騎手が前のめりになる動きが「ピッチング」、馬がクルっと横を向く動きが「ヨーイング」、それによって騎手が振られる動きが「ローリング」で、そのときに騎手の身体を鞍から引き剥がし、横に放り出すように働く力が、「コリオリ力」ということです。

  コリオリ力の大きさは、それぞれの回転の速さ(角速度)によって決まります。

  つまり、馬の動きが速く、回転半径が小さいほど、鮮やかに『技』が決まる、ということになります。


  このようにして起こる落馬を、騎手が最も堪えにくく、指導者にとっても最も防ぐことが難しい、「落馬の必殺パターン」として、『ジャイロ落馬』と名付けたいと思います。


・落ちないためには?

『ジャイロ落馬』から身を守るためには、コリオリ力によって「運転席から放り出される」ことを、なるべく防ぐようにする必要があります。

  そのためには、コリオリ力の発生をなるべく防ぐことが有効だろうと考えられます。

  つまり、回転運動の掛け合わせによるジャイロモーメントがなるべく生まれないように、騎手の身体にピッチングやヨーイングといった「回る動き」が起こらないように意識して乗ることで、予想外の力に振り回されずに済むようになるのではないか、ということなのです。


  対策のまず一つは、騎手の身体のピッチングモーションを減らす工夫です。

  頭や上体、あるいは脚が振り子のように前後に揺れてしまわないないように、みぞおちや脇腹あたりから随伴するつもりで、上体を真っ直ぐ保つように意識することで、ピッチングモーションを少なくすることが出来るだろうと思います。

  馬が暴れて落ちそう、というようなときでも、上体が前に振られないように起こしておくだけで、馬に「ヨー軸回転」されても耐えられる確率が上がるのではないかとと思います。
(指導者が、落ちそうな人に「体を起こして」「踵を下げて」などというのは、そういう意味でも理に適っていると言えます。)

 それから、騎手のヨーイング、すなわち、脊柱を軸にして回転するような身体の使い方をなるべく避けるようにしてみる、というのも良いと思います。

    例えば、駈歩では、馬が後肢から前肢へと体重移動(ピッチング)するだけでなく、同時に内方の肢の方に向かってへと横方向の重心移動(ローリング)も起こりますが、これによって騎手の身体には、内向きに回転(ヨーイング)させられるような力が働いているような可能性があります。

   馬体がピッチングモーションをしているときに、騎手の身体に内向きのヨーイングモーションが起こると、その瞬間にジャイロモーメントによって上体が外側に振られ、内側の鐙が外れるようなバランスになりやすくなることが考えられます。


  そこでこのとき、逆に内側の脇腹を突き出すくらいのつもりで動いて、ヨーイングの動きを打ち消してやるようにしてやれば、重心が外方に振られにくくなって、馬体の内向きのローリングモーションに対しても随伴しやすくなり、内方の鐙に乗りやすくなるのではないかと考えられます。


  頭で考えるとなかなか複雑で、混乱してしまいそうですが、このジャイロモーメントを感覚的に理解するために役立ちそうなのが、「ハンドスピナー」と呼ばれる玩具です。

  ベアリングとオモリだけのシンプルな構造ですが、滑らかな回転と機能美が見ているだけでも心地良く、クセになる、ということで世界中にファンがいるようです。





  中心部分を指でつまんで持って回しながら、手首をひねったりして様々に角度を変化させてみることで、ジャイロモーメントを実感することが出来ます。

  こうしたもので遊びながら乗馬時に作用する力を身体の感覚で理解することで、慣性力を味方につけた、より安全で気持ちの良い騎乗が出来るようになるのではないかと思います。




)
Amazon


)
Amazon


)
Amazon



「乗馬」の夏がやってくる




乗馬を始めて、最初に習うのはおそらく「軽速歩」ではないかと思います。

  「軽速歩」とは、速歩で走る馬の背中の揺れのリズムに合わせ、一歩おきに騎手のお尻を浮かす、座るというのを繰り返すことで、鞍とお尻が衝突しないようにして、人馬双方の身体の負担を軽減しようという騎乗方法です。

  単純な、立って、座っての繰り返しのようですが、バランスや力の入れ方など、「ちゃんと」やろうとするとこれが結構難しくて、 日によって、また乗る馬によって、あるいは同じ1鞍の騎乗中でさえ、あるときは上手くいったかと思うと、またどうもしっくりこなくなったり、ということが起こってきます。

  クラブではベテランと呼ばれているような方の人にも、これで悩んでいるという方は結構多いのではないでしょうか。



 しかし、馬術の本などを読んでみても、あまり詳しくは触れられていないので、結局「こんなもんでいいか」といった感じで行っている方がほとんどだと思います。


  また軽速歩は、習熟度や身体の使い方の違いによって、少しずつやり方が異なっていたりするもので、それが、「人によって言うことが違う!」というような混乱の原因になったりすることもよくあります。


  そこで、ここではとりあえず、それらの違いを習熟度別ということで分類して、軽速歩を行う際の身体の使い方について考えてみたいと思います。

  これが正しい、という程のものでもありませんので、あくまで参考程度にして頂ければと思います。




① 初心者の軽速歩

 とりあえず、馬のリズムに合わせて「立って、座って」とやるわけですが、まず鐙に立つ、ということが、最初はなかなか難しいものです。

   そこでまず、鐙に立つことができない方がとりあえず立っていられるようになるための方法を紹介します。

  初めは、座ったところから前に重心移動することだけでもかなり不安を感じると思います。

  ですがここは思いきって、床に「膝立ち」する時のように、腰をぐっと前に持っていきましょう。

   両足の膝と足裏の4点で身体を支える感じで立ってみると、立った姿勢が安定しやすくなると思います。

 初めは馬が停まった状態で行い、感じが掴めたら、常歩でもしばらく立っていられるくらいまで練習してみると良いでしょう。




   次は、その「膝立ち」の形に立っていく時の動き方です。

  スムーズに立ち上がるためのコツは、座ったところから立とうとする時に、鐙を「蹴らない」ということです。

    重心が鐙に乗る前に、足を強く踏ん張り、太腿の筋力で膝を伸ばして立ち上がろうとすると、「縄梯子」のような感じで鐙が前に行ってしまい、お尻が後ろに残って、なかなか立つことが出来なかったり、立つことができても、すぐに尻もちをついたりします。

  座った姿勢から立とうとする際、まず、お尻の下あたりに鐙をおくような感覚で、気持ち後ろ目に、足裏を地面に着いているつもりで、水平にして構えます。

  実際には、鐙革は鞍の前喬の下辺りから垂れ下がっているので、鐙はそんなに後ろにはいきませんが、足が前にいきやすい初心者の方の場合は、足裏全体を自分の後ろの方の地面にぺたっとくっつけてや
るくらいの感じのイメージで、丁度良かったりします。


  そこから、立つときは足先で鐙をガツンと蹴るのではなく、踵を地面につけてそこに残すようなイメージで、腰をスッと伸ばし、お腹を前に出していくようにすると、あまり踏ん張ることなく、自然に膝立ちのバランスになれると思います。

  あとはリズムです。

  馬が前肢を交互に踏み出すのを見て、馬場の内側にあるほうの前肢が地面に着くのを①、反対の前肢が着くのを②、というように数えて、①の時に合わせて立つわけですが、乗っていると上から前肢は見えないと思いますので、馬の肩の動きを見て、内側の肩が前から後ろに動く時に立つようにすると良いでしょう。
  
  脚に力を込めて踏ん張って立ち上がろうとすると身体が居着いてしまい、1、2、というリズムに間に合わなくなります。

  脚に力を込めずに、スッと一拍子で、先程の膝立ちのバランスまでしっかりお腹を前に出すところまでいけるようになると、リズムが合わせやすくなると思います。




② 初中級者の軽速歩

 膝立ちのバランスや馬の動きに慣れてくると、動きがやや安定してきます。

   ただ、立つバランスを安定させるために腿や膝下の辺りで強く挟んでいるために、膝が浮いて鐙がズレやすかったり、まるで自動車のワイパーのようにお尻が大きく弧を描いて動くている方が多いと思います。

  この動きは『ヒンジ(蝶番)運動』ともいわれるもので、固定的な支点を中心としてギッコンバッタンと動くためには大きな力が必要で、あまり効率の良くない動き方であるといえます。

 そこで、股関節を左右に開いて股の内側深くで座り、膝の位置をもう少し後方に下げ、膝よりも少し上の、内腿の真ん中~付け根辺りの部分を鞍につけるようにして、そこを動きの支点とすることで、お尻の上下・前後の動きが小さくてすむようになり、膝が下がることによって鐙も外れにくくなるのではないかと思います。



③ 上級者の軽速歩


  しかしこの段階では、まだ、立ったときには内腿で鞍をはさんで体重を支えているため、膝の上とお尻の上の間を、重心が前後に行ったり来たりするために、馬場鞍で鐙を長くした場合など、膝で挟めなくな
ると途端に立てなくなったり、自分の随伴の動き以上に反撞の大きな馬や、速い動きになるとついていけなかったりします。

 また、股関節を内旋し、太ももや膝下の辺りで鞍を強く挟みつけている状態では、踵や拍車は馬体に接しにくく、推進扶助に余計な動きや力が必要になったり、脚を使うと鐙から足が浮いて外れそうになったりします。


  
  上手な軽速歩のためには、鐙に乗る、というバランス感覚を養うことが有効です。

  初めに習う「基本姿勢」のように膝で鞍を挟んで、足首を脱力して踵を踏み下げ、足の踵の方に荷重をかけるのではなく、股関節を楽に開いて、膝を締め込まず、鐙をお尻の下へ持ってくるようなつもりで重心下に置き、ふくらはぎをやや緊張させるようにして踵をやや浮かせて足先に加重し、坐骨にかかる重みを軽くするように座ります。 

  そのバランスの中で、強く鐙を蹴ったり、鞍や馬体を挟んだりする力を使わずに、腰を進行方向に随伴させることによって軽速歩の動作を行います。


  鐙に乗って立っている状態を、小さな踏み台みたいなものの上に、踵を浮かせるようにして立っている、というように考えたとき、多くの人は、軽速歩の立つ座るの屈伸動作の中で、その踏み台の上から前や後に落っこちてしまっているわけです。

  踏み台に足先で立ち、前後に落っこちないようにバランスを保つようなイメージで、立っても座っても鐙の上に重心を乗せていられるようにすることで、鐙が外れてしまうようなことも少なくなります。

  また常に鐙に重心が乗って膝を締め込む必要がなくなることで、踵の内側や脹ら脛が馬体に触れやすくなり、脚を効かせやすくなります。



  ・『人間鞠』の稽古

  鐙に重心を載せたバランスを保つためには、立つ動作を行う際、足先で強く蹴らず、足裏にかかる重みを一定に保つようにしてフワリと立つのがコツなのですが、この感覚を養える稽古法として、『人間鞠』と言われるものがあります。
  


・蹴らずに立つ 〜『人間鞠』


『人間鞠』は、足裏全体を床につけてしゃがんだ姿勢から、一度尻を高く上げ、それをストンと落とした次の瞬間、反動で立ち上がるようにすると、抜重によって一瞬足裏が浮いた感じになった後、まるで鞠が跳ねるように自然に身体が浮き上がり、楽に立つことができるというものです。



  実際行ってみると、太腿などの筋力を使って床を蹴っているような感覚はほとんどなく、全身が協調してひとりでに立ち上がっている、という感じです。

  これなら、太腿に力を入れ過ぎて膝を傷めたりすることも少なくなるかもしれません。



  初心者の方に限らず、軽速歩で足を突っ張って鐙を蹴るような力がなかなか抜けない、というような方には、鐙を蹴らずに立つ感覚を得るのに有効な稽古法だと思います。



・手前を合わせる

  軽速歩では、手前を合わせなさい、ということが言われます。

  速歩で立って座っての動きをしながら馬の左右の肩が交互に前に出る動きを見て、内方の肩が前から後ろに引っ込むときに立っていれば、「手前が合っている」ということになるわけですが、これがなかなか合わせられない、という方は結構多いものです。

  左右のどちらかですから、50%の確率で
当たりそうなものですが、初心者の場合、90%以上の確率で反対になってしまうことが多いのではないでしょうか。

何故そうなってしまうのかというとと「反対の方が立ちやすい」からです。

  手前を合わせるためには、馬の重心が着地した内方前肢にグイッと載っていくタイミングにあわせて、騎手の腰を前へ浮かせて、重心移動を馬の動きと一致させる必要があるわけですが、馬の動きに遅れがちな初心者の方は、馬が速歩発進してから、反撞で身体が放り出されるタイミングに合わせてせーの、と立つことが多いと思います。

  馬の重心移動に置いていかれて、馬が内方に踏み込むタイミングでは尻餅をついて立つことができず、逆のタイミングで立ってしまうのです。


 軽速歩の立って座っての動作には、反撞を抜いて負担を軽減するというだけでなく、馬が斜め前方に踏み出した内方前肢に加重していく動きに合わせて、騎手も重心を同方向に移動させていく「随伴」の意味もあります。

  上下前後だけでなく、左右方向への意識も必要なのです。
  
 速歩の一歩目から、馬の重心の移動に遅れないように前肢の着地方向へと随伴することが出来るようになれば、初めから手前が合うようになってくるだろうとと思います。



 このように、実はけっこう難しいのが軽速歩ですが、立っても座っても常に『鐙に乗った』バランスを保てるようになれば、脚の扶助も効きやすくなって、速歩での運動が楽に行えるようになるのではないかと思います。




)
Amazon


)
Amazon


)
Amazon







乗馬馬術  人気ブログランキング

[広告] 楽天市場
  • [ ジョッキーブーツ 劇団衣装 スタジオ衣装 大きいサイズ 乗馬風ブーツ 乗馬ブーツ メンズ 演劇衣装 衣装提供 衣装屋 舞台衣装 ]★新作、カッコイイ乗馬風ブーツ黒色:ワイズ 3E 【02P20Nov15】★11月12日入荷
  • 【7/3 再入荷!】大人気Equine Couture エクイクチュール/レディース デニムキュロット【共布】ロゴ入り 乗馬用キュロット/BLEACHS
  • 【乗馬用品】【馬具】【カジュアルウェア】【レインウェア】|Bridleway(ブライドルウェイ)防水 ロングコート ユニセックス
  • 【長鞭】 シルバードットドレッサージュ長鞭 (乗馬用品-鞭)
  • アイフォン iPhone iPhone7 手帳型 iPhoneケース iPhone7 Plus iPhone6 iPhone6s Plus iPhone5 手帳型 ケース カバー おもしろ 馬 ウマ アニマル サラブレッド ダービー 競走馬 競馬 乗馬用品 記念品 牧場 引退 ギャロップ おもしろ スマホケース カバー グッズ おもしろ ..
  • 【8/16 新入荷】【Felix Bühler】スイス生まれの注目ブランド!取り扱い開始! Lilly Poloshirt/乗馬用/半袖ポロシャツ/テニス/ゴルフ/アウトドア【レディース/LADIES】【メンズ/MENS】/ユニセックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする