乗馬 苦い濃いより、甘い濃い。

乗馬は今すぐ規制すべき

夏!

海!

フェス!

キャンプ!!

毎年恒例のキャンプ旅行です。
ウチの家族、お友達家族、そして釣りの相方、宮ちゃんという構成が鉄板なのですが、今年は直前で宮ちゃんが涙の欠席。
実は宮ちゃんがいないと、ボートの引き上げが無理なんです。
浜の砂が粗く、傾斜もキツいため、一人でフネは上がりません。

今更日程変更は無理です。

釣りなし?
まさか!

考えたあげく、ボートを借りる作戦です。
いつも世話になっている千葉の父、地元漁師のおじさんにお願いし、快諾いただきました。

しかし予報では台風が南海上にやってくると。釣りを予定している土曜は、風はないものの、明らかに台風のものと思われる2~3mの波予報。

まあ、一度は諦めた釣りです。
道具だけ持っていき、ダメならやらぬまで。

7/28(金)6:00
準備ですったもんだしましたが、自宅を出発。お友達家族のさくちゃんとママを迎えに行きます。
さくちゃんはウチの和泉さんと同い年。
小学校は別ですが、幼少の頃からのマブダチです。
ホントは翌土曜に合流するはずでしたが、私の金曜釣りがダメになったので、さくちゃんを誘ってマー牧(マザー牧場)へ遊びに行くのです。
さくちゃんパパはそんな急に仕事は休めず、土曜に単身合流です。

6:30
平日はダメですね。
首都高5号線上りは渋滞。抜けるのに2時間近く掛かりました……



9:00
海ほたるで休憩。
ドローンは禁止です。覚えておきましょう。

10:30
予定より遅くなりましたが、マー牧到着。
夏休みでも、平日なので空いてます。



和泉さん、無事に乗馬もできてご満悦。



16:00
キャンプの買い出しでおどやに立ち寄り。
おどやは地元の鮮魚を並べているので、その時釣れてる魚が分かります。
今はワカシやショゴみたいですね。他に豆アジなども並んでいました。

17:00
現地着。
さくちゃん家族のテントを張ります。
今日の晩ごはんは手抜きでおどやの弁当です。
夜はばんやの人工炭酸泉で汗を流します。



我が家は車中泊。
ハイエースのリアゲートを開けると、コバルトブルーの海が迫ってきます(コバルトブルーは嘘です。実際はカジメ臭漂う砂濁りの館山湾)。



この日のために、両側スライドドアの小窓用の網戸を手作りしてきました。
しかし、夜風がほとんどなく、かなり寝苦しかったです。
翌日は意を決して、リアゲートを開けて寝ましたが、一気に風が通って、ものすごく快適でした。
覚悟した蚊も全然来なくて助かりましたよ。



7/29(土)4:30
お待たせしました。ようやく釣りです。
実は釣りは私一人ではなく、たまたまこの日先客がいたみたいで、相乗りとなりました。
Tさんです。
何度かこのフネで出ているとのこと。一緒に出船準備。
タイラバは初心者のようで、スピニングタックルに、ラインはナイロン4号。

日の出  4:47
日の入 18:46
小潮
満潮 8:04 20:52
干潮 2:20 14:18

5:30
そのT船長に、○○根北側の50mにつけてもらい、タイラバスタート。
私はミヨシ側なので、魚探は見えませんが、中層~底に反応が出ているみたいです。

何投目かで、Tさんに明確なアタリ。
「おおっ!来ましたよ」
しばらくして姿を見せたのはキレイな本命。
40クラスの食べ頃サイズ。
「いやー、ビギナーズラックです」
などと謙遜されますが、釣り自体は好きでお上手らしいです。
底から数m上とのこと、朝マヅメで活性が高いのかな。

しかし私にアタリは皆無。
カイムムムムムム~

西方の深場へ緩やかに流れるコースです。
70mまで来た辺りで、再度入れ直し。
40mからもうひと流ししましたが、反応なしです。

予報の波も全くなく、海はベタベタ。
風も弱く、小潮でボートはほとんど流れません。
曇りがちなのでまだいいですが、これで太陽が出たら暑いだろーなー。

6:30
タイラバは2流しで切り上げ、深場へ向かいます。
深場と言っても、100~250m程度ですので、中深場ですね。
Tさん、電動は私と同じ600番。3本針の自作仕掛けです。
私はいつもの5本針。今回は白の水中ライトを使ってみます。

先ず○○根北北西の180mにつけて、150号のオモリで仕掛け投入~。
スーーーーッと真下に落ちていきます。全然流れてませんね……

着底したら2mほど底を切ります。
ベタ底はドンコなど外道が来ますからね。

と、ゴンゴンゴン!と殴るようなアタリ。
えっ、またお前さんかい?

写真さえ撮る気も起こらないエチオピア3連。
中層だけでなく、底にも溜まってますね。
1枚食料で確保。2枚はリリース。

数投目でようやく本命っぽいアタリ!



やりました!
スミヤキ。
またの名をエンザラ。
本名クロシビカマス。

おまけはシロムツ。
本名オオメハタ。

その後もエチオピアではないアタリが何度か出ますが、ハリスを切られます。
たぶん鋭い歯を持つスミヤキの仕業でしょう。

エサはTさんが持ってきてくれたサバ1本分。
途中でまたサバを釣ってエサにすればいいや、なんて安易に考えていましたが、そういうときに限ってサバは釣れてくれません。
人間に食べられるのならまだしも、魚のエサになるのはイヤなのかもしれません。

冒険王のTさんは、エチオピアがエサにならないかと、果敢にチャレンジ。
「皮が鎧みたいですから無理ですよ」と伝えますが、腹側の身でそれっぽく短冊を作って試されてます。
食いつきませんでしたが、エサ持ちはバツグンでした。

8:04の満潮から下げが始まりますが、うかうかしてると潮が引き過ぎて、フネを揚げるのが大層困難になります。
サバ単もなくなったことだし、ペロンと揚がりますか!と言うことで、10:00に沖揚がり。

Tさん、どうもありがとうございました。

釣った獲物は、今晩のキャンプ料理に使用しますよ。地産地消ですな。
やがてさくちゃんパパも到着し、これでメンツは揃いました。

16:00
食材の買い出し。
釣果がやや心もとないので、追加でブリカマと真鯛カマを購入。

というところで、今回は終了。
続きは料理編でお届けいたしまーす。






乗馬 暮らし・感じる・変えていく

朝8時集合で朝一から乗馬へ🐎
自称雲研究家としては気持ちの悪い雲☁️

ビーチまでテクテクと。
子馬も犬もついてくるチュー





調教されたすごく賢いお馬さんたち🐴
私の合図というよりインストラクターさんの声かけで動いてるような笑い泣き



でもやっぱり楽しい!チュー全身運動
暴れん坊将軍のように海辺を駆ける勇気はなかったけど笑い泣き

お昼頃ホテルへ戻ったらすぐゆいお楽しみのプールへ浮き輪

私はここで見てるだけ〜が暑すぎてそそくさとお部屋に退散滝汗

夕方プールから戻って今度はクタまでお買い物へニヒヒ
旅はノンストップ笑い泣き
クタに行く予定は無かったんだけどねぇーパパが行こうって言うからニヒヒ
タクシーで30分くらい移動🚕

DFSよりスーパー楽しい。ヌサドゥアは物価が高いけどクタはまだ安い。



今日も朝から晩まであっという間チーン

[広告] 楽天市場
  • ハリーズホース レディース膝革付きコットンキュロット
  • 【乗馬用品】【馬具】【カジュアルウェア】【インナー】|EQULIBERTA(エクリベルタ)2017SS UVカット 吸湿速乾スポーツインナー メンズ
  • 【乗馬用品】【馬具】【各種馬具】【プロテクター・肢巻】|BUSSE(ブッセ) ドレッサージュプロ ソフトプロテクター(左右1セット)
  • 乗馬用 コットン・イージーグローブEG1(黒ブラック) ラバーパーム手袋 乗馬用品
  • 【短鞭】 ホースプリント短鞭 (乗馬用品-鞭)
  • 乗馬用ヘルメット TROXEL LIBERTY(シャインブラック 黒) 乗馬ヘルメット 帽子 ASTM/SEI認証 乗馬用品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする