勉強嫌いの人でもわかる乗馬入門

世界が認めた乗馬の凄さ






   速歩で走る馬の上で鐙に立ったり座ったりする、「軽速歩(けいはやあし)」は、乗馬では最も多用される技術の一つだろうと思いますが、

その中で馬にもう少し元気よく走って欲しい、というとき、皆さんはどのようにされているでしょうか?



・「キック」は二歩に一回?

  恐らくほとんどの方が、軽速歩の二歩毎に一回、着座のタイミングに合わせて馬のお腹を脚で軽打する、という方法をとっているのではないかと思います。


  軽速歩の「立つ座る」の随伴をしながら足を振って「キック」しようとすれば、そのようにするしかないでしょうし、

  扶助を行う上でのエネルギー効率という意味でも、強く挟んで圧迫するような方法に比べれば随分楽ですから、

長い歴史の中で、自然に誰からということもなく、そのような方法をとるようになったのだろうと考えられます。

  そんなわけで、上手な競技選手などがそのようにしながら馬を運動させている姿もよく見られますし、

乗馬クラブのレッスンでも、そのように指導されることが多いのだろうと思います。



  しかしこの方法は軽速歩の随伴と同様、習い始めのわりと早い段階で簡単にやり方を教わるだけで、具体的な細かい身体の使い方などについて詳しい説明を受けるような機会というのは、あまりないのではないかと思います。


  上手く脚が効いていないような気はしていても 「今さら恥ずかしくて訊けない」とか、指導者の方でも「ベテランの会員さんに対して今さら指摘するのも躊躇われる」といった遠慮があったりして、なんとなくそのままずっときてしまい、

「効かないのは、脚が弱いからなのだろう」というような認識のもとに、一生懸命足を振り子のように動かしながら「キック」しようとして、しょっちゅう鐙が外れたりしているような方も多いのではないでしょうか。




・脚が効かない理由

  力を入れてキックしてもあまり効かなかったり、すぐに鐙が外れてしまったりするのは、 膝を支点にして足を振ろうとするために、鐙に体重が乗らなくなるためだろうと考えられます。

  膝が支点になることによって、随伴の動きもドスンドスンと馬の背中を叩くような硬い感じになり、馬の肩や背中の動きを妨げてしまいますし、

膝を締め込んだ状態では、膝から下のふくらはぎや踵は馬体に接しにくくなりますから、一生懸命内腿に力を入れても、あまり軽い反応は得られないということになります。

  
 脚を有効に作用させ、馬を軽く動かすためには、自分の脚の扶助に必要な部分を確実に馬体に触れさせ、かつ、自分や馬の動きを妨げない、ということがポイントになります。


 そのためにはまず、速歩で走る馬の上で「立つ、座る」の動作を行う中で、 常に鐙の上に重心を載せていられるようなバランスを保つことが大切です。

  そうして足先で荷重を支えながら、膝を締め込まずに股関節を少しだけ外旋させるようにしてやると、ふくらはぎや踵の内側辺りが馬体に触れるはずです。

  これだけでも、普段の「キック」よりも格段に軽い反応があるでしょう。


  そうして、立つ座るのリズムに関係なく、馬体に脚で触れた状態を保ちながら、軽速歩の随伴の動きを少しずつ大きくしていくようにすれば、二歩毎にキックするような方法よりも確実に、速歩の歩度を増大させることができるだろうと思います。



  コツは、「踏み台の上に、蹲踞(そんきょ)の姿勢で座り、そこから落っこちないようにバランスを保つ」ようなイメージで、足先の鐙の上に、垂直に荷重を落とせるようなバランスを保つようにすること、


 そして更に、その蹲踞の構えで踵の間にボールなどを挟み、落とさないように頑張っているようなイメージで、拍車を付けた踵の内側辺りの部分で馬体に触れるようにして、逆にそれ以外の部分は馬体に触れさせないくらいのつもりで、膝や太腿で馬にしがみつかずに動作を行うようにすることです。



  そのような一見不安定な姿勢で乗れ、というようなアドバイスをするのは、指導者にとっては勇気がいることですし、こうしたことが上手に出来ている方でも、本人にはそのような意識はなかったりということも多いですから、そんなやり方は今まで聞いたことがない、という方がほとんどだろうと思います。




  ですが、この方法によって、今までの一般的な方式よりも格段に楽に、軽快な運動を楽しめるようになることが期待出来ますから、

  不安定を恐れ、安易に固定的な支点を求めるのではなく、馬の動きと一致した随伴によって「鐙を揺らさない」ようなバランスを実現できるように、ということを目標に普段のレッスンに取り組んでみるのも、面白いのではないかと思います。




   


  

Amazon



Amazon


Amazon


Amazon


これは凄い!乗馬を便利にする3つのツール

こんにちは(^^)

櫻組のヒロミチです…🌸

さぁさぁさぁ…
いよいよ大祭準備も追込みです

今日(7月30日)の準備…
午前9時から始まりました~っ🌸🌸

まずは…焼津御旅所の屋根やら柱やらを
神社の倉庫から運び出します…
何気に種類が多いんだよな…間違えるなよ💢💢

御沓脱の提灯台も忘れるなよ…🌸



北御旅所の敷板(7枚板)も忘れるなよ…🌸

焼津御旅所への搬入…




桜組中老祭典委員長から指示が出ます…🌸

北御旅所へ敷板(7枚板)の搬入…🌸



焼津神社…馬止め(馬休息所)設置…🌸


御白洲の清掃…🌸



御道具台…清掃🌸

桜組子ども神輿…大廻し…🌸


この他にも今日は準備予定が目白押しでした…🌸

御供捧オンクササゲ…流鏑馬ヤブサメ…御神子イチッコ
馬の三大神役は…午前中に手綱作成
午後からは揃って乗馬練習を行いました…🌸

斉竹用の竹取りにも行って来ました…

さぁ…7月も終わりますね…🌸

いよいよ8月に入ります…ワクワクです…

残りの準備も一気に行きましょ~っ🌸🌸

年行司櫻組🌸…頑張ってます…

今日も読んで頂きまして…
ありがとうございました。!( ̄- ̄)ゞ




[広告] 楽天市場
  • 【短鞭】 Whip & go ジャンピング短鞭 
  • ドレサージュ腹帯F 本革レザー ショート 60-70cm 両側ゴム仕様(黒ブラック) Klaus 牛革 本皮 ガース 馬具 乗馬用品
  • ニッカボッカーズ ニッカーボッガー 英国紳士 乗馬  メンズ ゴルフウェア 春 スポーツウェア おしゃれ ニッカポッカゴルフ お買い得セット【あす楽対応】【送料無料】【セットだと1500円もお得】【ALL SEASON/通年】【通常タイプ】
  • 【乗馬用品】【馬具】【書籍・雑貨など】【雑貨】|happyROSS(ハッピーロス)たてがみ用 ゴム
  • 【ライディングジャケット】 HKMライディングジャケット アクティブ 3 in 1 メンズ(乗馬用品ライディングジャケット)
  • 乗馬用品 ベロアグリップ長鞭(黒ブラック) ロングムチ Waldhausen ノンスリップハンドル ドレサージュ 乗馬鞭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする